AA通信 ライブレポート No.234

​​

 エーエーつうしん / A@@ 通信 
トップページへ戻る
ライブレポート No.234
日時:2017年5月13(土)

会場:福島県いわき市平クラブソニックいわき

 notice it presents[僕たちのペレストロイカvol.13]
notice it × マルチ放電 × CAN’T A MAN ATTACK!      
       TRIPLE RELEASE PARTY!!! 

(1)あぶらすまし (2)EGGTOP(東京) (3) CAN’T A MAN ATTACK!

  (4)マルチ放電(山形) (5)notice it

(1)あぶらすまし
 

 

 

 

 

   
   
   

(1)あぶらすまし

 あぶらすましの正式メンバーは全8名ですが、近年は全員が揃うライブはそれほど多くないかもしれません。この日はベーシストにヘルプを迎えての総勢6名+某ジュニア(苦笑)という布陣。結成16年目で、いつの間にか、先輩~パイセンのバンドになってしまったと語るボーカル担当ミカタさんの笑顔がいつにも増して気持ちイイです。編成が流動的?・・・というか、メンバー全員が集まるのが難しいだけなのでしょうが、構成楽器がライブ毎に変わるがちな所も、あぶらすましの魅力の一つでしょう。

 

  

 

(2)EGGTOP(東京)
   
   
   
 

(2)EGGTOP(東京)

 Vo(Gt),Gt,Ba,Drの4人編成。完全日本語(と思う)で素直に感情をぶつけてくるスタイルで、演奏~ライブをグングン引っ張っていきます。いわゆるエモっぽさは薄めのサウンドと理解しましたが(個人的に)、ドラマチックな構成で聴きどころ満載かと。

 

 

(3) CAN’T A MAN ATTACK!
   
   
   
   

(3) CAN’T A MAN ATTACK!

 Gt,Ba,Drのトリオ編成ですが、フロントの二人がそれぞれボーカルを取れるのが頼もしいですね。スカパンク?スカコア?あまり詳しくないので両者の線引きは難しい、としか言いようがないのですが、楽しんで演奏しているメンバー三人を見ているだけで、幸せな気分になれますね。

 

(4)マルチ放電(山形) 
   
   
   
  

(4)マルチ放電(山形)

 ボーイッシュな雰囲気の女性ボーカル&ギターを中心にオルタナティブロックを演奏するギター2本の4ピースバンド。2005年結成で山形県の鶴岡~酒田を活動拠点としているようです。良い意味でも悪い意味でも「地方で活動~ローカルバンド」という雰囲気を感じました。大都会・東京で活動するバンドとの差、違い・・・これが無かったらツマラナイわけで(苦笑)、今後も長く活動を続けて欲しいと切に思います。

 

 

(5)notice it
   
   
   

(5)notice it

 新音源である2枚目のフルアルバムのアルバムタイトルは「lamp]。いわき市・発のバンドとして、着実にキャリアアップしています。フロアいっぱいのお客さんを前にして、渾身の演奏を披露してくれました。

トップページへ戻る

from 福島県いわき市

エーエーつうしん/A@@通信

 mail: portyou@hotmail.com

トップページへ戻る

AA通信 ライブレポート No.233

​​

 エーエーつうしん / A@@ 通信 
トップページへ戻る
ライブレポート No.233
日時:2017年4月15(土)

会場:福島県いわき市平クラブソニックいわき

ZIRASHI  & Pampas Fields Noise Found art

CD Release Party

(1)AAD   (2)ONLY THE LASTSONG

(3)The Coastguards   (4)XRADE

(5)To overflow evidence    (6)ZIRASHI

(7)Pampas Fields Noise Found art

ステージが客席フロアの「フロアステージ」スタイルでした。

文字通りに目の前でのライブは迫力がありました。

(1)AAD
  
   

(1)AAD

 安定の、そして最強のトリオ編成。ライブ開始間際まで、お客さんの姿が少なくて、少し寂しい気持ちでしたが、ライブ開始後は、お客さんの数も徐々に増えて行きフロアも熱量も上がっていきます。1曲目の哀愁感が沁みました。トップバッターは難しい役と所かと思いますがヤリキッタ感がありました。

  

 

(2)ONLY THE LAST SONG
   
   
   
  

(2)ONLY THE LAST SONG

 Gtが2本の5人編成スタイル。パンク的な分かりやすさは無いものの、比較的シンプルなサウンド、と理解しました(展開、リズムともに複雑は複雑ですが)。ベースとドラムの上を、ギター2本とボーカルが華麗に飛び回り跳ね回るような印象です。最後の歌だけ・・バンド名の意味はそんな感じなのでしょうか?全てを伝えようとするかのような熱い心意気を感じました。

 

(3)The Coastguards
   
   
   
   

(3)The Coastguards

 ボーカルスタイルに特徴があるバンド、と理解しました。キッチリ歌いあげるスタイルかと思います。古いロックのような質感があるのですが、まぎれもなく近年(2000年代以降)のロック。持ってる引き出しの数がかなり多くて、かつ、それぞれの引き出しの中の密度も高い・・・一曲一曲のクオリティが高いです。

 

(4)XRADE
   
   
   
   

(4)XRADE

 餃子臭がしない?と宇都宮のバンドであることをさり気なくアピール(苦笑)。メロディック・ハードコアサウンド、という紹介が無難でしょうか?ギター2本の5人スタイルで、まくし立てるようなボーカルが小気味良いです。

 

 

(5)To overflow evidence
   
   
   
   

(5)To overflow evidence

  御存知、いわき代表~福島県代表~南東北代表・・・そう、愛着込めて、toover トゥーオーバ-、と呼ばれます。激情、エモ、エモコア、激情ハードコア、・・・ローカルヒーローと呼ばれることに彼らは決して満足していないだろう。メンバーチェンジがそれなりにありましたが、現在、不動の安定期にあると言えると思います。オナフェス2017へ向けてテンション上がります。

 

(6)ZIRASHI
   
   
   
   

(6)ZIRASHI

 仙台からの四人組で、ギター2本でベーシストがボーカルを取るという編成です。サウンドは混沌かつ狂暴ですが、メンバーの立ち居振る舞いは落ち着いた感じがします。ドタドタで速くて襲ってくる感じ・・・。ジラシ~焦らし?、バンド名もカッチリはまってますね。

 

 

(7)Pampas Fields Noise Found art
   
  
   
  
   

(7)Pampas Fields Noise Found art

 ラウドな感じのバンドが続きましたが、最後に登場は、じっくり聞かせるロック要素が強いこのバンド。名前の長さからして、アート的な雰囲気が漂いますが、サウンドの方も渋いです、まさにアート。ツインボーカルと言っても良いスタイルかと感じましたが、二本のギターの絡み具合がハンパ無く気持ちよいです。アンコールに、快く応じてくれて、7バンド出演のこの日のイベントを見事に〆てくれました。

トップページへ戻る

from 福島県いわき市

エーエーつうしん/A@@通信

 mail: portyou@hotmail.com

トップページへ戻る